【高論卓説】トヨタが全ての広告をやめる日 宣伝費かけずにヒット生む時代 (2/3ページ)

2017.2.6 06:45


【拡大】

 ピコ太郎も「YouTube(ユーチューブ)」にアップしたプロモーション動画がヒットの発信源。ピコ太郎が所属するエイベックスとしては、宣伝費を掛けずにメジャー化させたことの意味は大きいだろう。CDアルバム「PPAP」の販売につなげることができたため、きわめて好採算だったはずだ。

 ひょっとして宣伝広告は不要という時代が来るのではないか-。そんなことを考えていたところ、もう一つ興味深い話を聞いた。大手ゲームソフト会社の社長から聞いたのだが、「いまや続編の発表は公式サイトに情報を載せれば事足りる。1時間もすれば世界中のファンに広がっていく。かつては専門誌やウェブサイトに広告を打っていたがやめた」。

 つまり、広告宣伝費(その主な受け皿であるマスメディアにとっては広告収入)は、大きな曲がり角に来ていることがわかる。かつては「宣伝をせずにクチコミでヒットにつなげていく」ことは珍しい事例だったが、今やネットクチコミの時代であり、クチコミヒットは続出している。マーケティングを行う側としては「宣伝費を使わずにヒットさせるのが一流」と評価される時代になっているのである。

そこでタイトルにあるトヨタ自動車の話だ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。