世界初 トヨタ、HV車販売1000万台突破 プリウス投入20年での大台達成

2017.2.15 06:09


【拡大】

 トヨタ自動車は14日、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)の世界累計販売台数が1月末までに約1004万9000台となり、1000万台を突破したと発表した。1997年12月に初代「プリウス」を発売して以来、約20年での大台達成となった。世界の自動車メーカーで、累計1000万台のHVを売ったのは初めてで、改めてHVに強いトヨタを印象づけた。

 トヨタは、97年8月にマイクロバス「コースター」にHV電気自動車(EV)を設定し国内投入。同年12月に世界初の量産HV乗用車としてプリウスを発売した。以降はHV搭載車種を順次拡大。現在は、セダン「カムリ」や小型車「カローラ」など30以上のモデルにHVシステムが採用され、世界90以上の国・地域で販売されている。

 モーターを併用するHVは電気による走行も可能なため燃費に優れているのが特徴。トヨタの試算では、これまで販売されたHVによりガソリンエンジン車に比べガソリン消費量が約2900万キロリットル抑制されたという。初代プリウスの開発を担当した内山田竹志会長は声明で「HVは、今では『普通のクルマ』になるまで普及できた」と述べた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。