環境省と原子力規制委が移転・集約

2017.2.18 05:00

 政府は17日、環境省と原子力規制委員会を2020年度をめどに日本郵政本社ビル(東京都千代田区)に移転すると発表した。都内の複数のビルに分かれている組織を1カ所に集約し、東京電力福島第1原発事故の関連業務で連携を強化する。財務省がこの日開いた審議会で了承された。

 環境省は原発事故以降、放射性物質の除染や指定廃棄物の処理といった業務が増え、中央合同庁舎5号館や新霞が関ビルなどに分散して入居している。環境省の外局で、原発の安全規制を担う規制委は少し離れた東京・六本木の民間ビルにあり、連携不足が指摘されていた。規制委の事務局である原子力規制庁を含め集約することで賃料の削減にもつながるという。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。