日本郵政が株主総会 長門社長が赤字を陳謝「重く受け止めている」

2017.6.22 11:47

日本郵政の株主総会の会場に入る株主ら=22日午前、横浜市
日本郵政の株主総会の会場に入る株主ら=22日午前、横浜市【拡大】

 豪物流子会社の巨額減損損失計上で、平成29年3月期連結決算が民営化後初の最終赤字となった日本郵政は22日、横浜市内で定時株主総会を開いた。

 長門正貢社長は業績を説明する中で、前期の赤字に関して、「経営陣一同、大変重く受け止めている。株主の皆様にはご心配をかけ、大変申し訳ない」と陳謝した。今後については、「株主、関係者の皆様からの信頼回復を果たせるように、業績回復に努める」と強調した。

 株主からは、「右肩下がりの株価を上昇させるための施策は」という質問が出た。原口亮介専務執行役は「企業価値の向上に取り組む。郵便・物流など基本となる3事業を強化していきたい」と述べた。

 白紙撤回された野村不動産ホールディングス買収計画についても質問が出たが、「現時点で検討を行っている事実はない」(原口専務執行役)と述べるにとどめた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。