【現場の風】ヤフー川辺副社長、仮想通貨参入は「買収でない限り難しい」 (1/2ページ)

インタビューに答えるヤフーの川辺健太郎社長=東京都千代田区
インタビューに答えるヤフーの川辺健太郎社長=東京都千代田区【拡大】

 □ヤフー副社長・川辺健太郎さん(43)

 --6月にヤフーの新社長に就任する

 「パソコンからスマートフォンの会社にある程度シフトできたので、次はスマホからデータの会社にしていきたい。法人向けデータビジネスを大きくする。モバイルペイメントにも力を入れていきたい」

 --仮想通貨への興味は

 「子会社の『ワイジェイFX』では外国為替証拠金取引業を行っているが、顧客が仮想通貨に流れている。金融庁は仮想通貨取引所の新規登録で審査を厳格化するとしており、参入するには(既存交換所を)買収などしない限り難しい。前提としてブロックチェーン技術がどういうふうに使われるかは重大な関心事だ」

 --新たなモバイルペイメントは、各社の2次元バーコードを使った「QR決済」とどう差別化を図るか

 「年内にも決済サービス『ヤフーウォレット』を飲食店でも使えるようにする。予約から割引、決済まで一気通貫でできるものを想定している。サービスと決済の融合だ。QRコードも夏ごろにはサービスに組み込む」

“お膝元”を強化