JDI、4年連続の最終赤字 スマホ向けパネル不振、会長「手を緩めず、改革を進める」

決算会見を行うジャパンディスプレイの東入来信博会長=15日、東京都港区
決算会見を行うジャパンディスプレイの東入来信博会長=15日、東京都港区【拡大】

  • 月崎義幸氏

 経営再建中の中小型液晶パネル大手、ジャパンディスプレイ(JDI)が15日に発表した2018年3月期の連結決算は、2472億円の最終赤字(前期は316億円の赤字)となった。最終赤字は4年連続。スマートフォン向け液晶パネルの販売が不振で、特に主要顧客の米アップルが有機ELパネルを採用したことが打撃となった。工場や在庫の減損損失を中心に、1423億円の事業構造改革費用を計上したことも響いた。

 本業のもうけを示す営業利益は617億円の赤字(前期は185億円の黒字)に転落。売上高は前期比18.9%減の7175億円だった。一方、車載向け液晶パネルは順調に販売を拡大。構造改革費用も当初計画していた1700億円を200億円以上、下回った。

 19年3月期は第1四半期(4~6月期)を底に販売が回復、売上高は前期比10~20%の増加を見込む。同社はアップルの最新モデル向けに、液晶パネルの新規受注を獲得したもよう。営業利益は構造改革の効果もあって黒字に転換、利益率は2~3%を確保したい考えだ。

 東京都内で記者会見した東入来信博会長は「手を緩めず、改革を進める」と述べた。

 一方、同社は月崎義幸副社長が6月19日開催予定の株主総会後に社長となる人事も発表した。有賀修二社長は取締役を退任し、技術顧問に就任する予定。

【プロフィル】月崎義幸氏

 つきざき・よしゆき 日大院修了。1984年日立製作所。2018年4月からジャパンディスプレイ副社長。58歳。千葉県出身。