ファーストペンギン、EC向け決済代行サービス開始 独立・創業を支援 (2/2ページ)

市之川匡史・代表取締役社長執行役員CEO
市之川匡史・代表取締役社長執行役員CEO【拡大】

 市之川CEOが、独立支援に強いこだわりを示すのは、「(社名の)ファーストペンギンとは群れの中で最初に水に飛び込むペンギンのこと。天敵がいるかもしれない海中に、ためらうペンギンの中で真っ先に飛び込む勇者。われわれ自体もそうであり、リスクを考えながら独立する起業家やスタートアップ企業の挑戦を支援することも重要な役割だと考える」からだ。

 同社は新サービスを機に、副業も含めたECビジネス向けにサービスの提供先を拡大。1、2年後をめどに決済取扱高年間200億円以上の規模へと引き上げたい考え。あわせて、セミナーや広告、コンテンツなどの分野についても個別に事業化するなど、多様化するサービス需要に対応していくことにしている。

【会社概要】ファーストペンギン

 ▽本社=東京都渋谷区代々木1-35-4 代々木クリスタルビル5階

 ▽設立=2006年8月8日

 ▽資本金=1500万円

 ▽従業員=65人 (2018年4月時点)

 ▽事業内容=アフィリエイトプラットフォーム事業、コンテンツ制作・販売事業、メディア事業など