社員にも「やり切らせます」 飛ぶ鳥落とす勢いのRIZAP 瀬戸社長大いに語る (1/7ページ)

 話題のタレントが劇的に痩せるビフォーアフターのテレビコマーシャルで有名になったRIZAPは、実はコングロマリット(複合)企業でもある。グループを束ねるRIZAPグループの瀬戸健社長に、事業多角化や今後のグループ展開について話を聞いた。(東京商工リサーチ特別レポート)

 タレントの佐藤仁美さん、梅沢富美男さんなど、話題のタレントが劇的に痩せるビフォーアフターのテレビコマーシャルで有名になったRIZAP。美容関連の企業にみえるが、実はコングロマリット(複合)企業でもある。

インタビューに応じるRIZAPグループの瀬戸健社長

インタビューに応じるRIZAPグループの瀬戸健社長

 グループを束ねるRIZAPグループ(東京都新宿区)は約80社を傘下に置いている。最近もアパレル販売のジーンズメイト(東京都渋谷区)や、フリーペーパー発行のサンケイリビング新聞社(東京都千代田区)、サッカーチームを運営する湘南ベルマーレ(神奈川県平塚市)など、次々とM&Aでグループ化してきた。

 買収した企業の大半は業績不振。だが、1年あまりで赤字削減や黒字化を実現している。

◇ ◇

◆当初は豆乳クッキーが主力、上場で売上高が10分の1に

 瀬戸社長の単独インタビューの一問一答は次の通り。

-早いペースでの買収が注目されています

 「(2006年5月の)上場当時の売上高は24億円、主力は『豆乳クッキーダイエット』で、売上高の98%を占めていました。主力商品1本の場合は選択と集中をすれば成長性はありますが、何かあったときは危ない。この時からM&Aを始めました」

M&Aは「守り」にもつながる