どうなる「有明テニスの森」 建設業今年最大の破綻で大混乱…東京五輪競技地も工事中断 (2/2ページ)

「有明テニスの森公園」改修工事の掲示
「有明テニスの森公園」改修工事の掲示【拡大】

 完成まで1年を切り、ラストスパートに差し掛かるはずが、民事再生法の申請で工事は中断した。さらにエム・テックは10月21日付で下請業者などに「施主(東京都)との請負工事を解除したため、貴社との契約も解除させていただく」と通知。工事がエム・テックの手を離れたことで今後の見通しは不透明となった。

◆現場には保全命令を知らせる張り紙

 再生手続き廃止決定を受けた10月22日。工事現場には保全措置の張り紙が掲示された。

 張り紙には東京地裁の担当裁判官名で、「本件再生手続廃止後、破産手続開始の決定があるまでの間、すべての債権者は、債務者の財産に対する強制執行等及び国税滞納処分をしてはならない」と記されている。今後、破産手続きに移行し、財産処分などが進むなかで公平性を担保するための措置だ。

 エム・テックから下請で工事受注していた建設業者は「工事休止が長引けば、来年7月までの完工は間に合わないだろう」と話す。工事発注者である東京都の担当者は「破産手続きが進むまでは身動きが取れないが、再発注などを検討中。スケジュールは正直厳しいが、予定通り2019年7月の完成を目指す」とコメントしている。

 待ったなしのタイミングでの施工業者の破綻で、工事再開をどう進めるか関係者は頭を痛めている。建設業では今年最大となったエム・テックの破綻は様々な混乱を招き、まだ収束のめどは立っていない。

 《東京商工リサーチ特別レポート》大手信用調査会社の東京商工リサーチが、「いますぐ役立つ最新ビジネス情報」として、注目の業界や企業をテーマに取材し独自の視点に立った分析をまとめた特別レポート。随時掲載します。

▼東京商工リサーチ特別レポートのアーカイブはこちら