【トップは語る】マツダ、移動サービスで異業種連携も 丸本社長「危機感持つトヨタに敬意」 (1/2ページ)


【拡大】

 □マツダ社長・丸本明さん(61)

 --2030年の生産車両のうち、5%を電気自動車(EV)、95%を電動化技術を搭載した内燃機関車とする方針を示した。多様化するパワートレイン(駆動装置)の開発をどう効率的に進めていくか

 「ディーゼルエンジンもガソリンエンジンも目指すゴールは同じだ。別々のエンジンを開発する認識はなく、基礎技術は相互に使われている。EVやハイブリッド車については、駆動装置の制御技術を『手の内化』するとともに、この分野の開発で部品メーカーとも協力していく。さらに、コンピューターでシミュレーションを繰り返して製品を検証する『モデルベース開発』を駆使し、開発資源を効率よく使いたい」

 --新型エンジン「スカイアクティブX」に電動化技術を組み合わせた「マツダ3(日本名・アクセラ)」を新世代商品群の第1弾として来年北米に投入する

 「良く走るし、燃費も良い車だ。エンジンの排気量は2リットルだが、2.5リットル並みの駆動力を発揮する。その価値をどれだけ顧客が理解し、適切な対価を支払ってくれるかが重要だ。マツダが追求する『走る歓び』を体験する機会を提供し、顧客に一番近い存在になりたい」

「トヨタには敬意を表したい」