東京理科大学教育支援機構理数教育研究センター、著名な研究者ら招き16日に講演会

「東京理科大学坊っちゃん講座」を行った秋山仁氏
「東京理科大学坊っちゃん講座」を行った秋山仁氏【拡大】

 東京理科大学教育支援機構理数教育研究センター(東京都新宿区)で、研究会「『理数探究』を探求する」を16日に開催する。

 理数探究の基本精神とは何かや、2022年度に実施される高等学校の新学習指導要領についてどのように捉え、指導し、活用するかなどを、大学研究者らを招いて考える場を設ける。東京理科大学特任副学長で、同センター長の秋山仁氏の基調講演をはじめ、経済産業省の浅野大介氏、文部科学省の遠山一郎氏を招き、経済産業省の取り組みや、「各学科に共通する教科『理数』の方向性」についてを講演予定。また「理数探究と入試」についてのパネルディスカッションも実施する。

 日本の理数力強化に資するべく、中学・高等学校の現職理科教員や教員志望の学生、理科の教員養成関係者、一般の人も対象としている。研究会は午後1時から5時まで。会場は同大学神楽坂キャンパス 1号館17階記念講堂。定員は200人で参加費は無料。申し込みはインターネットで当日の11時まで受け付けている。問い合わせは03・5228・7329。oae.tus.ac.jp/mse