働き方改革推進へラボ開設 日立システムズ、実証の場に活用

日立システムズが開設した「ConnectSMILE∞LABO」の内部
日立システムズが開設した「ConnectSMILE∞LABO」の内部【拡大】

 日立システムズ(東京都品川区)は、「働き方改革」や「健康経営」の推進を目的とした施設「Connect SMILE∞LABO」を本社地区の事業所内に開設した。同社従業員による同社やパートナー企業の製品・サービスの実証の場として活用するほか、実証結果については順次製品やサービスに反映していく考え。

 同社は、独自の企業活力向上施策として「働き方改革」「健康経営」「ダイバーシティ」の推進などに取り組んでいる。コミュニケーションを促進することで柔軟な働き方を拡大。活力や生産性を向上させるとともに、多様な人材が多様な価値観を持って活躍できる環境づくりを進めている。

 今回開設した「Connect SMILE∞LABO」はその実証の舞台として活用する。

 日常の声から心の健康状態を手軽にチェックできる同社のクラウドサービス「音声こころ分析サービス」や紫外線で空気を殺菌する装置「エアロシールド」、情報伝達のためのデジタルサイネージ設備なども導入した。さらにオフィス空間を設計するデザイン会社などとも連携し、多目的、多機能なオフィス空間の実証、提供にも取り組む。

 同社は、ここで蓄積したデータを活用して自社製品・サービスの高度化を進めるほか、顧客に対するオフィス空間も含めた総合的な支援サービスの創出を目指す。