ゴーン事件を聞く

(中)日産、対等な持ち株へチャンス (1/2ページ)

 □中西孝樹・ナカニシ自動車産業リサーチ代表に聞く

 独立はある程度担保

 --今回の事件は日産自動車のクーデターか

 「内部通報から始まっており、何かを正したいという力は絶対にあった。カルロス・ゴーン前会長は今年2月にルノーの最高経営責任者(CEO)への再任が決まったが、仏政府はルノーと日産の資本関係を『後戻りできない形に見直す』条件を突きつけており、経営統合の密約がなされたのではと、日産に動揺が走っていた」

 --日産には扱われ方に対する不満があった

 「日産とルノーの規模に大きな差が出たのは、日産が米国や中国という大きく成長した市場を任されたからで、不公平というのは日産の見方だ。逆にルノーにはアライアンスが企業価値につながっていないという不満があり、日産を経営統合して全体の価値を高めるべきとの議論は以前からあったが、ゴーン前会長が抑えて続けてきた。だが、ゴーン前会長は変わった。トップを長くやり過ぎ、次のキャリアを目指した時期もあったが、良いプランが作れず、アライアンスに君臨し続けようと権力欲に傾き始めた」

 --日産の後継会長をめぐり両社は対立している

 「2015年に結んだ修正アライアンス基本契約には日産の取締役選解任の決議にルノーは反対できないとある。これを覆せないのであれば、日産の独立はある程度担保されている」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus