「ファミペイ」投入へ ファミマが独自電子マネーでスマホ決済

 ファミリーマートは27日、スマートフォンのアプリを用い独自の電子マネーによる決済サービスを始めると発表した。来年7月から全国のファミマ店舗で利用できるようにする。

 ファミマは現在のアプリを刷新し、「ファミペイ」と名付けたアプリを投入。電子マネー機能を搭載し、利用者はファミマ店舗のレジでスマホ画面に表示したバーコードを読み取らせて決済する。店頭で現金をチャージする方法などが検討されている。

 アプリの開発は、ユニー・ファミリーマートホールディングスと親会社の伊藤忠商事の共同出資会社が担当した。

 利用者は現金を扱わないため利便性が高まるほか、買い物額に応じたキャッシュバックが得られる。ファミマ側もレジ作業の省力化などを期待できる。利用者の購買データを収集し、詳細な解析によって商品開発や来店促進キャンペーンに生かす考え。

 アプリのダウンロード数は現在200万件にとどまるが、刷新により平成34年度に1千万件を目指す。また、業務提携するドン・キホーテ店舗でもファミペイを利用できるよう協議していく。