西武鉄道が新型特急車両「ラビュー」を3月16日から運行

西武鉄道が導入する新型特急車両「Laview(ラビュー)」
西武鉄道が導入する新型特急車両「Laview(ラビュー)」【拡大】

 西武鉄道は29日、池袋駅(東京都)と西武秩父駅(埼玉県)を結ぶ新型特急車両「Laview(ラビュー)」を3月16日から運行させると発表した。同社のフラッグシップトレインと位置づけている。

 ラビューは池袋-所沢駅(埼玉県)を最速19分で結ぶ。現在、池袋-西武秩父間は「ニューレッドアロー」を運行しているが、順次ラビューに入れ替え、平成31年度中に全ての編成を置き換える予定だ。

 特急券の販売は2月16日午前7時に始める。