クルマ三昧

ジャーマン3不在、閑散のデトロイトショー 自動車産業は衰退するのか? (1/3ページ)

木下隆之

 僕ら自動車業界の人間にとって、1月は多忙の時期だ。神社参りもそこそこに、怒涛の自動車ショー詣が始まるのだ。(レーシングドライバー/自動車評論家 木下隆之)

 米国ラスベガスで開催されるCES(電気通信見本市)は1月9日開幕だ。急ぎで帰国、1月11日からのTAS(東京オートサロン)に出演、その足でデトロイトに飛び、NAIAS(北米自動車ショー)を取材して回る。たった1週間で日米の3つのショー会場を巡るのだから、我ながら呆れるばかり。聖地巡礼、時差ボケに陥るまもない強行軍なのである。

 だが、そんなショー巡りによって、時代の流れを肌で感じることができるのは収穫だ。

 CESを和訳すると「電気通信見本市」となる。家電やITなど、4400社を超える電機関係の企業が出展する。

 ジャーマン3が不参加

 IT時代を象徴するように、今年はトヨタは、自動運転技術を搭載した「TRI-P4」を発表した。レクサスLSをベースに無数のカメラを組み込んだのが特徴で、迫る自動運転社会の急先鋒に名乗りを上げた。日産はインターネットに常時繋がる「コネクテッドカー」構想を発表した。EVの出展も少なくない。

 同様に、チューニングカーの祭典TASも大盛況である。CESとは対象的に、未来の技術を語るショーという意味合いは薄く、身近なカスタムカーやレーシングマシンの出展が基本だ。ガソリンやオイルの匂いを感じるのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus