世界の革新企業数、日本2年連続首位 クラリベイト発表

 情報サービスを手掛けるクラリベイト・アナリティクス・ジャパン(東京都港区)は、知的財産や特許分野での世界で最も革新的な企業100社となる「トップ100グローバル・イノベーター2018」を発表した。

 100社のうち国別では日本が39社で、昨年に続き首位となった。次いで米国の33社、フランス7社、ドイツ4社、中国、韓国、スイス、台湾が各3社と続く。日本では今回、JFEスチールと三菱ケミカルが初の受賞となった。8年連続で受賞したホンダの知的財産・標準化統括部、別所弘和統括部長は「世の中を便利にするため、グローバル規模での革新を起こしたい」とあいさつした。

 100社の選出にあたり、クラリベイトの知的財産に関するデータベースに基づき、過去5年間の特許数、成功率、引用実績などの知財動向を分析した。