グーグル22%増益、過去最高 広告が好調

中国・北京のオフィス前に立つグーグルのロゴ(ロイター)
中国・北京のオフィス前に立つグーグルのロゴ(ロイター)【拡大】

 【ワシントン=塩原永久】米検索大手グーグルを傘下に持つアルファベットが4日に発表した2018年10~12月期決算は、売上高が前年同期比22%増の392億7600万ドル(約4兆3200億円)と四半期ベースで過去最高だった。最終利益は89億4800万ドルを確保した。収益の柱となる検索サービスでの広告収入が伸び、業績を押し上げた。

 この結果、18年12月期の通期決算は最終利益が307億3600万ドル(約3兆4千億円)と前期比2・4倍となった。売上高は23%増の1368億1900万ドルで、ともに最高を更新した。

 10~12月期は、携帯電話向けの検索サービスや、動画投稿サイト「ユーチューブ」の広告収入が好調で、グーグル部門の売上高は391億2200万ドルと約22%の伸びとなった。

 アルファベットの最終損益は、税関連費用を計上した前年同期(30億2千万ドルの赤字)から黒字転換。売上高も投資家の予想を上回った。一方、データセンター事業などへの投資がかさみ、売上高に対する営業利益の割合(営業利益率)が21%と前年同期の24%から悪化した。