【Sakeから観光立国】鹿児島県、WSET講師招き焼酎セミナー (2/2ページ)

八千代伝酒造の焼酎に見入るモス氏(右から2人目)=鹿児島県垂水市
八千代伝酒造の焼酎に見入るモス氏(右から2人目)=鹿児島県垂水市【拡大】

 続けて同県内にある、八千代伝酒造(垂水市)、白露酒造(指宿市)、薩摩酒造(枕崎市)、本坊酒造(南さつま市)の4つの蔵元を訪問した。

 焼酎の国内生産量のうち、輸出割合は0.6%にとどまっている。こうした現状を、官民の意欲的な動きでどう改善していけるのか、関係者の期待が大きく膨らんでいる。

【プロフィル】平出淑恵

 ひらいで・としえ 1962年東京生まれ。83年日本航空入社、国際線担当客室乗務員を経て、2011年コーポ・サチを設立。世界最大規模のワイン審査会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)のアンバサダー。日本酒蔵ツーリズム推進協議会運営委員、昇龍道大使(中部9県のインバウンド大使)、東北・夢の桜街道推進協議会アドバイザーを務める。