メーカー

ゾゾ社長自らSNSで発信、時代の寵児に

 ZOZO(ゾゾ)の源流は、前沢友作社長が輸入CD・レコード通販の有限会社スタート・トゥデイを設立した1998年に遡(さかのぼ)る。その後、アパレルを扱うインターネット通販サイド「ゾゾタウン」を始めると瞬く間にユーザーを獲得。2012年に東証1部上場を果たし業績拡大を続けている。ゾゾをはじめネット通販勢の躍進が実店舗の衣料品小売りの不振を招いた一因とされる。

 急成長の鍵は知名度向上に注力する姿勢だ。千葉マリンスタジアムの命名権を取得して「ZOZOマリンスタジアム」とするなど露出度アップに余念がない。前沢氏個人としても7日に「本業に集中する」と休止宣言するまでツイッターで盛んに発信してきた。

 今年1月には私財から100人に100万円ずつ総額1億円を「お年玉」として配るとツイッターで表明。女優の剛力彩芽さんとの交際のほか、ロケットでの月旅行を計画するなど一見破天荒な行動力で世間の耳目を集める。いずれもゾゾの知名度を広める意図がありそうだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus