高島屋京都店南側にホテル併設の商業施設

複合型商業施設「グッドネイチャーステーション」の完成イメージ
複合型商業施設「グッドネイチャーステーション」の完成イメージ【拡大】

 京阪ホールディングス(HD)は20日、京都・四条河原町にある高島屋京都店(京都市下京区)の南側で再開発を進めている複合型商業施設の名称を「グッドネイチャーステーション」に決め、今年秋に開業すると発表した。成長戦略の一環で、新たなライフスタイルを提案する事業の旗艦店と位置づける。

 施設は9階建て(延べ2万7628平方メートル)。1階で安心・安全な食材を販売するほか、買ったばかりの食材を調理してもらえるレストラン(客席約100席)を併設する。2階は特別な食体験を提供する飲食店街とする。

 3階では若返りをテーマにした美容の物販・サービスを行う。4~9階は京都文化も楽しめるホテル(客室数約140室)が入居する。同社は「ライフスタイル提案型の事業モデルを京都から世界へ発信したい」としている。