乗るログ

「XC40」はボルボの華麗な商品群に埋もれない個性派SUV〈後編〉 (1/3ページ)

SankeiBiz編集部

 ボルボ初のコンパクトSUV「XC40」は、昨年末の2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の大賞に輝いた話題のモデルだ。最近のボルボ車に対する高い評価は、決して代名詞である“安全性能”の高さだけではない。1月に取材したインテリアデザイナーのコメントも交えながら、前編・後編の2回に分けてXC40の魅力に迫る。(文・写真 大竹信生/SankeiBiz編集部)

 ※前編から続く。

 現在のボルボは中国資本(浙江吉利控股集団が2010年に買収)に支えられている。その潤沢な資金のおかげで開発の自由度が大幅に増すなど、恵まれた環境の中でこれまで以上に「スウェーデンらしさ」を前面に押し出している。XC90から始まった新世代ボルボを象徴する新しいデザイン戦略も、魅力に溢れるラインアップでCOTYなど世界中の賞を総なめにしているボルボの快進撃を支える重要ファクターであるのは間違いない。

 XC40の外観に“違和感”

 新世代ボルボはどのモデルもデザインが洗練されていて上品な美しさがある。特に北欧神話に登場するトールハンマーをモチーフにした「Tシェイプ」のライトシグニチャーは、ボルボの新しいアイコンだ。もちろんXC40のヘッドライトにも採用されているのだが、新ラインアップの中で、なんだかXC40の外観だけ “違和感”のようなものがあった。カッコよさの中にどこか“ブサイク”(失礼!)が入っている気がしていたのだ。ボルボ関係者に聞くと「実はブリティッシュ・ブルドッグが外観デザインのモチーフになっているんです」。目の前の霧が一瞬で晴れた。どこから見ても筋肉質でスポーティーな外観には確かに「犬」らしさがあり、他のボルボ車よりもカジュアルな雰囲気は“ブルドッグ顔”に由来していたのか。ひと目でXC40と分かる個性の強いデザインのおかげで、上級モデルと並んでも存在感が霞むようなことはないのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus