健康経営 がんと向き合う

マニュアルによる治療の仕組み (1/2ページ)

 がん治療は「がん診療ガイドライン」というマニュアルに沿って行うことになっている。日本は国民皆保険でもあり、がんになれば全国どこの病院に行ってもマニュアルに沿って等しく同じ治療を受けることになる。(GMS・竹内規夫社長)

 診療ガイドラインでは、がんのステージに合わせて治療法が決まっている。これに対し、よくある勘違いの相談として「Aさんは胃がんになったときにB病院で内視鏡手術で胃を取らなくてよかったのに、私は今の病院で胃の全摘になった。全摘を避けたいので、B病院に転院したい」というのがある。

 胃がんのステージ1でもいくつか段階がある。がんが粘膜の表面に留まっている場合は、内視鏡的粘膜切除術(EMR)という内視鏡手術になり、胃を切除せずにすむ。もう少しがんが進んで筋肉層にまで進出していても、度合いによっては、内視鏡的粘膜下層剥離(はくり)術(ESD)という内視鏡手術ですむ。筋肉層を突き抜けて漿膜(しょうまく)などにがんが届いていると胃を切除というふうになる。

 これは、B病院があなたの病院に比べて優れているので内視鏡手術ですむという話ではない。同じように知り合いのAさんがあなたの病院に来ても同じように内視鏡手術ということになる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus