遊技産業NOW

京楽産業. 「冬のソナタ」がパチスロデビュー

 京楽産業.(名古屋市天白区)は4月8日、新機種「ぱちスロ冬のソナタ」を5月下旬から全国のパチンコホールに導入すると発表した。

 同機は、日本で韓流ブームを巻き起こすきっかけとなった韓国の恋愛ドラマ「冬のソナタ」とのタイアップ。パチンコは2006年に登場し、根強い人気を背景にシリーズ化されてきたが、今回初めてパチスロが登場する。

 新機種は、ボーナス主体のノーマルタイプで、ビギナーでも安心して遊ぶことが可能。ボーナス後は必ずチャンスゾーンとなり、約50%でRT(リプレータイム)の「恋愛モード」に突入。恋愛モードは1セット30ゲーム継続し、終了後は再びチャンスゾーンに突入する。通常時はパチンコでおなじみの演出が展開され、実写連続演出に発展すればボーナスのチャンスだ。

 最大304枚獲得できるビッグボーナスと、同206枚獲得のミドルボーナス、同110枚獲得のレギュラーボーナスの3種類を採用。ボーナス合算確率は設定1~6=約179.6分の1~約157.9分の1となっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus