IT

「崩し字」をAIが画像解読 立命館大教授ら 全国初の高精度システム

 古文書や浮世絵などに書かれた「崩し字」を、人工知能(AI)が画像から解読するシステムを立命館大文学部の赤間亮教授らのチームが、凸版印刷(東京)と共同開発した。

 チームによると、同様の解読アプリなどは他にもあるが、AIを導入し、高精度のシステムを構築したのは全国初という。史料を読むのが容易になり、日本文化研究の加速や教育支援が期待されるとしている。

 システムは、立命館大が所蔵する古文書や浮世絵など約76万件のデータベースと、凸版印刷が保有する崩し字の約100万件のデータを基に開発。パソコンの画面に映した文書で読めない文字を1文字選択すると、崩し字データの中から形が似ているものをAIが抽出し、崩していない文字に変換する。複数の候補があれば、合致する可能性が高い順に表示する。

 現在は、1文字ずつしか調べられないほか、立命館大が所蔵する古文書や浮世絵を対象にした解読しかできないため、学内での教育に限った利用だ。読み解けなかった文字は入力してシステムに学習させており、今後さらに精度を上げ、学外を含むさまざまな教育現場での活用を目指す。

 赤間教授は「崩し字が使われた文化史料を、誰もが楽しんで読めるようにしたい」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus