スポーツbiz

Jリーグ、「神戸方式」は確かに収益を拡大する (1/3ページ)

佐野慎輔

 使い慣れた表現でいえば「長いトンネルを抜けた」ということか。この26日のサッカーJリーグ、ヴィッセル神戸は湘南ベルマーレを4対1で下し、連敗を7で止めた。「長かったぁ」と選手たちが安堵(あんど)の表情を浮かべれば、サポーターも久しぶりの勝利に歓声を上げた。(産経新聞客員論説委員・佐野慎輔)

 世界的選手を獲得

 その3日前、Jリーグは恒例となっている前年度の経営情報を開示した。3月期決算の湘南やジュビロ磐田など4クラブを除いた50クラブの状況が発表され、神戸躍進が注目された。

 何と売上高に相当する営業収益が2017年度から44億2900万円も増えて96億6600万円を計上。浦和レッズが17年度に記録した79億7100万円を大きく上回るJリーグ史上最高収益となった。

 なぜ、神戸は一気に収益を増やせたのか?

 収益をもう少し細かくみると、スポンサー収入が62億800万円で前年度から28億5600万円も増えた。入場料収入も3億2600万円増の8億4000万円。最終利益は10億5200万円を確保した。

 17年7月に元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキ、18年5月にはFCバルセロナから現スペイン代表MFで「手品師」の異名をとるアンドレス・イニエスタなど世界的なスター選手を獲得。彼らの加入が神戸人気を押し上げ、サポーター以外の集客があったことはいうまでもない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus