新商品

個室可動式ベビーケアルーム「mamaro」

 Trim(横浜市中区)は、授乳・離乳食・オムツ替えなどに利用できる完全個室の可動式ベビーケアルーム「mamaro」の全国での導入実績が100台を達成した。

 mamaroは、高さ200センチ、幅180センチ、奥行き90センチの箱型で、室内にはソファ、可動式ソファ、コンセントが設置されている。室内で、乳幼児への授乳や離乳食の飲食、オムツ替えができる。Trimでは授乳室・オムツ替え施設検索ができるスマートフォンアプリ、「Baby map」(babymap.jp)を運営、mamaroをはじめ2万件を超える授乳室の情報を掲載。利用者はアプリからリアルタイムでmamaroの使用状況が確認でき、「mamaro」が使用中の場合でも待ち時間の目安をアプリから確認できる。室内にはデジタルサイネージのメディア「mamaroView」を搭載。授乳の時間に楽しく過ごせるコンテンツの充実を進めている。施設案内などのオリジナルコンテンツや広告、子育て情報なども配信可能。不正利用防止のため、同社と指定先メールアドレスにアラートメールが送信される。

 本体は可動式で、コンセント1つあれば既存の施設にも設置が容易。試験導入された2017年7月以来、商業施設を中心に、アミューズメント施設や自治体の公共施設、道の駅などへ導入が進んでいる。 www.trim-inc.com

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus