ハザードマップ

スポンサーつかず事業継続断念 大和産業/服田ホールディングス (1/2ページ)

 ▼大和産業 大和産業は5月31日、事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。

 工業用ゴム製品の製造を目的に創業。その後、自転車ゴム部品やプラスチック部品、光学デバイスなど他分野へ進出、2008年3月期にはディスプレー事業の需要拡大もあり売上高は105億5136万円に拡大した。しかし、09年3月期以降はリーマン・ショックの影響や受注の落ち込みで低迷。11年3月期の売上高は38億4588万円に縮小した。

 13年3月期には、スマートフォン・ゲーム機・光学デバイス関連の好調を受け、売上高が67億8219万円まで回復したが、中国投資に失敗し、子会社整理損や株式評価損を計上するなどして2億3053万円の赤字を計上した。

 タッチパネル事業や浄水システムなど健康・環境システムの構築などを新規事業として立ち上げ、再建を目指したが、大口顧客からの大幅な受注減で資金繰りが逼迫(ひっぱく)。18年秋頃には信用力低下に伴い光学デバイス事業の中国調達先との関係が悪化した。リストラの断行や大阪府中小企業再生支援機構の支援を得ながらスポンサーを探してきたが見つからず、事業継続を断念した。

 ▼服田ホールディングス 服田ホールディングスは6月5日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

 設立当初はホームページ制作を手掛けていた。その後、「レイア」の屋号でまつげエクステンション・ネイルサロンを展開し、順調に店舗数を拡大。中古車販売や学習塾事業などへ多角化も進め、18年1月期は過去最高となる売上高10億878万円を計上した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus