話題・その他

目指せ高校生社長 郁文館夢学園、希望者募り起業塾

 日本経済の活性化へ起業の促進が課題となる中、郁文館夢学園(東京都文京区)が運営する郁文館高等学校と郁文館グローバル高等学校が昨年4月に開講した起業家教育プログラム「高校生社長講座~起業塾~」が注目されている。同プログラムは毎年、両校の新1年生から希望者を募り、3年間履修すると卒業単位として認定される。昨年から受講している1期生は約20人で、今年は2期生も加わる。

 カリキュラムは財務諸表の読み方や作成、経営戦略など起業に必要な知識を学び、1年次にはIT、社会福祉、美容・理容業界など、2年次では物流、農林水産、シェアハウス・レンタル不動産業界など、2年間で計14業種のビジネスモデルを研究する。

 同塾で学ぶ中村和樹さん(郁文館高校2年)は「達成感が魅力。日本は起業の環境が乏しいので、人を育てることを仕事にしたい」と語った。起業塾担当の都築敏史教諭は「生徒は授業を重ねるうちに回転率や見込み率などの思考が身についた」と話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus