サービス

あえて手書き、出版社のこだわり いろは出版、「コト消費」を重視 (1/2ページ)

 スマートフォンやタブレット端末の無料通信アプリが普及し、いつでも簡単にメッセージをやりとりできるようになった昨今、あえて手書きのぬくもりにこだわった雑貨を手掛けるのが「いろは出版」だ。商品を購入することで得られる体験や、人とのつながりといった「コト消費」を重視し、独創的なアイデアで生み出す雑貨の数々が、若い女性を中心に人気を集めている。

 同社のルーツは、詩人の「きむ」としても活動する木村行伸社長が京都芸術短期大(現京都造形芸術大、京都市左京区)在学中に始めたポストカードづくりにある。木村社長が自作の詩と写真でデザインしたカードを京都市内の路上で販売したところ人気に火が付き、2003年に同社を設立。これまでに雑貨や書籍など約6500点を世に送り出した。売り上げの8割ほどを占める雑貨は、東急ハンズなど全国の大手雑貨店に並ぶ。

 人気が出ているのがお守り型メッセージカード「おまもる」(税抜き320円)。「合格祈願」や「恋愛成就」など8種類あり、応援や励ましのメッセージを手書きしたカードを紙製の袋に入れ、友人や家族らにプレゼントする。本物のお守りのようにひもでカバンなどにくくりつけることができる。

 昨年12月の発売からこれまでに約3万6000個を販売しており、オンラインショップでは学校の教師が生徒への合格祈願のため、数十個単位でまとめ買いをするケースも。企画した同社の小原郁美さんは、高校受験で学習塾講師からのメッセージカードに励まされた思い出からアイデアを思いついたといい、「この商品をいろんなタイミングで誰かに思いを伝えるきっかけにしてほしい」と話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus