単独インタビュー

レクサス澤代表「最近は欧州勢のベンチマークに」「ミニバンで市場開拓」 (1/3ページ)

SankeiBiz編集部

 日本発の高級車ブランド「レクサス」のトップを務める澤良宏プレジデントにSankeiBizが単独インタビューした。就任から3年目を迎え、ドイツ勢が勢力をふるうプレミアムカー市場において「ベンチマークされ始めたと感じている。やっていることが響き始めた」という。クルマ作りにとどまらないブランディングの手応えや、初のミニバン「LM」を投入する狙いなど今後の展望を聞いてみた。(聞き手 大竹信生/SankeiBiz編集部)

Q.いきなりだが、やはりメルセデス・ベンツ、BMW、アウディのいわゆる「ジャーマン3」がライバルなのか?

 「意識はしているが、彼らとは違うことをやりたい。性能面で伍していけるものは必要だが、単にスペックじゃない世界観のようなもの、例えばデザインや乗ったときの感覚、サービス面も含めてレクサス独自の戦略や土俵を作りたい。ラグジュアリーブランドとして1世紀を超える彼らの歴史には勝てない。だったら彼らとは違うやり方で『レクサス面白いね』と言ってもらえる世界観を出すことが大事だ」

Q.ブランディングの手応えは?

 「ここ数年は『レクサス、元気いいね』と言ってもらうことが増えている。(レクサスが2017年に発表した)ボートなどクルマ作りにとどまらない活動を活発にやっており、他社からベンチマークされ始めたと感じている。欧州勢の戦略に対して我々がやっていることが逆にチェックされているし、彼らの動きの中で、レクサスがやっていることが見えることもある。以前はそういうことがなく、あくまで『我が道を行く』という感じだったが、レクサスが彼らと違うことをやるようになり、いまでは互いに刺激し合えるようになったのではないか。レクサスがやっていることが響き始めていると、ここ1、2年で感じるようになった」

Q.クルマの枠を超えた「ライフスタイルブランド」としての今後の展開は? レクサスの家が欲しい人や、もしかするとベビーカーだって買いたい人がいるかもしれない

 「一筋縄ではいかないが、それが『ライフスタイルブランド』になりたいと言っているレクサスの究極の方向性だと思っている。最近ではパナソニック、ミサワホーム、トヨタホームが一緒になった。今後はお客様に『つながる家』を提供することで、これまでとは違う形の生活やサービスにクルマがつながる、ということが出てくるだろう。それはトヨタグループとして自前の世界の話だが、ほかに(クルマと食事を結び付けたイベントの)『DINING OUT』などもやっている。外食産業のユニークな人たちと手を握ることで、互いのブランドを高め合うことができると思っている。また、レクサスがアウトドアブランドと一緒にグランピングとSUVのタイアップイベントをやれば、アウトドアが好きな富裕層のお客様ともつながっていける。我々だけでやれることは自分たちでやり、できないことは各カテゴリーのトップの人たちとアライアンスを考える、というやり方で、レクサスブランドを軸に独特のライフスタイルを発信していきたい」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus