クルマ三昧

ホンダF1の13年ぶりVは技術力の証明 名門と決別しレッドブルで快挙 (1/3ページ)

木下隆之
木下隆之

 ホンダF1エンジンを搭載するレッドブルホンダが、13年ぶりの勝利を手にした。先のF1第9戦オーストラリアGPでの快挙である。

 名門マクラーレンと決別

 ホンダはF1の世界で黄金期を経験している。本田宗一郎のかじ取りにより1964年から参戦を開始した黎明の第1期。セナ・プロが世界を席巻した黄金の第2期。エンジンをレーシングチームに供給するだけではなく、自らシャシーコンストラクターとしても活動を開始した飛躍の第3期。そして2006年、当時のエースドライバーであったジェンソン・バトンが手にしたハンガリーGPでの勝利は、苦悩の第4期の象徴的な出来ごとだった。それを最後にホンダは長い低迷期を過していたのだ。

 特に深刻だったのは、2013年のしばらくの活動休止後の戦跡である。ジョイントしたチームが名門マクラーレンだったことで、不振の原因がホンダ製エンジンにあるとされた。実際に当時のドライバーが、「エンジンパワーが不足していてレースにならない」、そう口にするなど、ホンダの評判は地に落ちていた。そんな中、マクラーレンと決別し、パートナーチームを有力レッドブルに変更すると、いきなり速さを披露。不調の原因がホンダ製エンジンではなかった事を証明したのである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus