ピックアップ

マルハン、韓社長が「イクボス宣言」

 ホール大手企業のマルハン(京都市上京区)は7月16日、従業員が働きやすい職場環境づくりに向けて「イクボス宣言」の表明と、「テレワーク・デイズ2019」への参加登録を行った。

 「イクボス」とは、部下や同僚などの育児や介護・ワークライフバランスなどに配慮・理解のある上司のことで、「イクボス宣言」とは組織のトップや幹部がイクボスを目指すことを宣言すること。なお、「イクボス」については厚生労働省の「日本総イクボス宣言プロジェクト!!」(ひろがれイクボスの輪)ホームページで紹介されている。

 マルハンが考える働き方改革は、単に長時間労働を是正するだけでなく、「ワーク」と「ライフ」の相乗効果を目指している。そのためには「男性従業員が家庭に参画できる環境整備」も必要であることから、同社では代表取締役社長の韓裕氏が「イクボス宣言」を行うことで、さらなる従業員の育児・介護・ワークライフバランスを応援することにした。なお、「イクボス宣言」の内容は次のとおり。

 われわれは、部下の育児・介護・ワークライフバランスを応援するため、以下の事項を約束します。

 「(1)積極的な有給休暇の取得を推進します」「(2)男性が育児休暇を取りやすい風土を醸成します」「(3)多様性を受け入れ、活かすダイバーシティ経営を実現します」

 また、マルハンは「テレワーク・デイズ2019」への参加登録も行った。

 「テレワーク・デイズ2019」は、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が東京都および関係団体と連携し、2017年より20年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置付けて展開する働き方改革の国民運動。同社では、「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画に「テレワークの検証」を設定しており、今年4月から同社のパチンコホール8店舗(寒河江店・仙台新港店・千葉みなと店・東大和店・上牧店・堺遠里小野店・梅田店・新世界店)にて「自宅で育児・介護しながら、業務ができる」「最小限の確認・連絡を行えるモバイル端末を持つことで、管理職でも遠隔地での長期休暇が取りやすくなる」「接客・電話応対が多い事業所内より効率よく業務できる」などを切り口に、テレワークによる柔軟な働き方を模索している。

 マルハンではかねて、従業員が快適に働くことのできる環境整備に向け、全方位の取り組みに着手。時代に呼応した就労スタイルの追求に余念がない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus