高論卓説

実用に適し“金融包摂”への道近く 史上画期的な仮想通貨「リブラ」 (1/2ページ)

 2カ月前、米フェイスブック(FB)は2020年に独自の仮想通貨「リブラ」をスタートさせると発表した。同社はリブラを扱うために新会社「カリブラ」を設立、同様にマスターカードや米ビザ、米ペイパルなどの決済大手、米ウーバー・テクノロジーズ、スウェーデンのスポティファイなど数十社のメンバーとともに、仮想通貨リブラを監督する独立組織「リブラ・アソシエーション」をスイスに設立した。(板谷敏彦)

 今後も希望する企業は条件をクリアすれば参加することが可能である。新通貨リブラはFBの専有物ではなく、同社はリブラを扱う参加企業の一つとして行動するというのである。

 リブラのミッションは「数十億人の人に単純な通貨と金融インフラを提供することである」と明記してある。こうした状況を世界銀行の定義では「金融包摂」と呼ぶ。

 世界を見渡せば17億人の人間が既存の金融システムの外側に置かれている。言い換えれば銀行口座も開設できないでいる。海外へ出稼ぎに出て本国に送金しようにも、口座がないためにその送金手数料は平均で約7%も取られてしまうのが現実なのだ。

 しかし、そのうち10億人の人間は銀行口座がなくともスマートフォンを持ち、5億人はインターネットを利用できる環境にある。であるならば、「お金も情報なのだからメッセージのように送金できるはずだ」というのがFBの創始者、ザッカーバーグ氏の頭の中にはあるのだろう。テクノロジーの発達はたかが送金に7%ものコストを要求しない。リブラのユーザーはスマホで極めて低額なコストで本国の家族にお金を送ることができるようになる。もちろん、対象者は途上国だけではない。米国内でも格差拡大で銀行口座すら開けない貧困層は数多いのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus