スポーツi.

石川、渋野効果でゴルフ界再び活気 さまざまな経済波及効果も (1/2ページ)

 前週、男子ゴルフの「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」(北海道・ザ・ノースカントリーGC)で石川遼(27)が、7月の国内メジャー「日本プロゴルフ選手権」に続く自身初の2戦連続優勝、ツアー16勝目。今季獲得賞金を約6250万円とし、約8年ぶりに賞金ランク1位になった。

 ファンありき

 このところ低迷を続けていた男子ツアーだが、最終日の視聴率は6.1%と今季最高をマーク。昨年の2.6%を大きく上回った。同週に開催された女子ツアー「Catレディス」(神奈川・大箱根CC)は4.3%(数字はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)を超え、最終日のギャラリー数は5664人。女子の4283人を上回った。久しぶりの快挙?である。

 石川は、昨年から選手会長を務めている。

 「いまの男子ゴルフの状況ははっきりいって厳しいです。でも、それを変えてかなきゃいけない。“あっ、すごいな”“また来たいな”“ゴルフ、やりたいな”って思わせるプレーをしなきゃいけない」

 昨年、あるプロはプロアマ大会でゲストを不快にさせた事件も起こした。ほんの一部選手であるが、ファンからサインを求められたとき、自らの不成績ゆえにぶ然として無視するシーンもあった。石川は言った。

 「選手会長として先輩プロの方々にも、厳しい注文をしてます。それにファンあっての僕ら…。ファンがいなけりゃ、ただのゴルフのうまい男の集団なんです。それじゃあダメでしょ。ファンサービスも含めてゴルフの魅力を伝えていきたい」

 いま隆盛を誇る女子には、渋野日向子(20)という“新星”が現れた。42年ぶりに女子のメジャー大会「AIG全英女子オープン」を制した。笑顔を絶やさないことから“スマイリング・シンデレラ”と呼ばれ、人気が沸騰した。前々週の「軽井沢NEC72」ではその渋野が3位と優勝争いをして、最終日の視聴率は12.3%(同)。男女を通じて今季最高の数字であった。

 女子の選手会長である有村智恵は「彼女のおかげでいままで(ゴルフを)知らなかった人も興味をもってくれている。本当に彼女に感謝です」と。かつて石川も15歳7カ月という史上最年少優勝した。その笑顔から“ハニカミ王子”として男子ゴルフのブームを作った。あの時もゴルフ会場には、いつものファンとは違う人たちの姿が多く見られた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus