IT

何が違う? iPhone11、11Pro、11ProMaxをざっくり整理

 2019年の新型iPhoneとして、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が発表された。いずれも製品名に「11」を冠するが、何が違うのか。ざっくり整理した。

 まず、3機種共通の主な機能は以下の通り。

  • ・iOS 13をプリインストール
  • ・第3世代のNeural Engineを搭載したA13 Bionicチップを搭載
  • ・Touch IDは搭載せず、Face IDを採用
  • ・3D Touchがなくなり、触覚タッチを採用
  • ・インカメラは1200万画素
  • ・ワイヤレス充電と高速充電をサポート
  • ・デュアルSIMでeSIMをサポート
  • ・Apple Payや防水をサポート
  • ・外部接続端子はLightingのまま

 続いて、11とPro(Max含む)の主な違いは以下の通り。

  • ・11は液晶だが、Proは有機EL
  • ・XDRディスプレイを備えるProの方が輝度やコントラスト比が高い
  • ・11はデュアルカメラ(広角+超広角)、Proはトリプルカメラ(広角+超広角+望遠)。画素数は全て1200万で統一
  • ・カラーは11がパープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED。Proがミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド(11が6色、Proが4色)
  • ・価格は11が最も安い(7万4800円から)

 ProとPro Maxの主なiPhone違いは以下の通り。

  • ・ディスプレイはProが大きい(Proが5.8型、Pro Maxが6.5型)
  • ・バッテリーはPro Maxの方が持つ
  • ・価格はPro Maxの方が高い(Proが10万6800円から、Pro Maxが11万9800円から)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus