クラウドWatch

年末調整をWeb上で完結

 ■パイプドビッツ、サービス提供開始

 パイプドビッツは人事担当者向けの「年末調整Web申請システム」を開発した。同システムはパイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤に構築されており、クラウドサービスとして提供を開始した。

 「年末調整Web申請システム」は、これまで手書きで行っていた年末調整の申請をシステム化し、年末調整の回収、確認、承認、差し戻しといった業務をWeb上で完結できるようにするもの。

 従業員は、PCやスマートフォンから入力画面に沿って年末調整の情報を入力するだけで、申請手続きを完了することができる。入力に当たっては、前年度の申請データを参照して修正する仕組みを備えているため、心理的なストレスを軽減できる。また、控除証明書などの画像データを添付する機能も備えているほか、入力補助機能により記入漏れや入力不備を未然に防げるとした。

 一方、人事担当者はシステム上で内容を確認し、申請を承認したり、差し戻したり、といったことが可能。従業員は、人事担当者による承認が終了した後で、申請データが反映された書面を印刷し、控除証明書とともに提出することもできる。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus