メーカー

豊田会長、異例の任期延長 自工会 東京五輪で業界盛り上げ

 日本自動車工業会(自工会)は26日、来年5月に終える予定だった豊田章男会長(トヨタ自動車社長)の任期を2年延長することを決めた。自工会会長はトヨタ、ホンダ、日産自動車の3社首脳が持ち回りで1期2年ずつ務める慣例で、2期続けるのは異例だ。

 26日の会見に豊田氏らとともに出席した神子柴寿昭副会長(ホンダ会長)は、「(来年は)オリンピック・パラリンピックが開催されるビッグイヤーを迎えるため、これまで強力なリーダーシップを発揮してきた豊田氏に、もう1期やってもらうことになった」と説明した。豊田氏の続投で自動車業界を盛り上げたいとして、慣例通りなら来年から務める次期会長の神子柴氏が提案したという。

 豊田氏は今回、2018年5月に自工会会長に就任しており、任期では東京五輪開催の直前に退任予定だった。延長により22年5月まで務める。00年以降、自工会会長が続けて2年超務めるのは初めて。神子柴氏によると、22年以降は再び、輪番に戻るという。また、自工会は同日、西川広人副会長(日産取締役)が辞職したと公表した。今月16日に日産社長を辞任したためとみられる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus