メーカー

関電社長が謝罪「多大な心配とご迷惑」「返却を強く拒絶された」

 関西電力の八木誠会長や岩根茂樹社長ら役員が高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役から資金を受け取っていたとされる問題で、関電は27日午前11時から、記者会見を開いた。冒頭、岩根社長は「関係者や社会の皆さまに多大な心配とご迷惑をお掛けし、お騒がせしたことに深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 また岩根社長は「受け取りを拒んだり、返却を試みたりしたが、強く拒絶されたため一時的に個人の管理下で保管していた」と述べた。

 一方、菅原一秀経産相は同日、「事実関係を徹底解明して、厳正に処する」と述べ、関電側から事情を聴いていることを明らかにした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus