話題・その他

勇気ある経営大賞 東鋼に大賞 新分野参入で業績向上

 厳しい経営環境の中で勇気ある挑戦をしている中小企業またはグループを顕彰する「第17回勇気ある経営大賞」(主催・東京商工会議所、協力・フジサンケイビジネスアイ)の受賞企業4社および奨励賞13社が決定した。

 大賞は、切削工具の製造販売を手掛ける東鋼(東京都文京区)に決まった。

 同社は売り上げの7割を占めていた自動車分野から脱却すべく、航空機産業や医療産業をはじめとする新たな分野への参入を果たし、業績を向上させたことが評価された。

 今回は118社の応募があり、国際大学の伊丹敬之学長を委員長とする選考委員会が審査に当たった。顕彰式は10月10日、東京会館(東京都千代田区)で行われる。

 ■第17回勇気ある経営大賞受賞企業(カッコ内は代表者、所在地、業種)

 大賞  東鋼(寺島誠人氏、東京都文京区、製造業)

 優秀賞 華光(木田和寿氏、東京都北区、製造業)

     東京彫刻工業(花輪篤稔氏、東京都墨田区、製造業)

 特別賞 若松(齊藤俊一氏、東京都港区、製造業)

 奨励賞 江北ゴム製作所、佐竹製作所、信栄テクノ、スワロースポーツ、坪川製箱所、データライブ、日興エボナイト製造所、日本琺瑯釉薬、プレステージジャパン、マテリアルワークス、ミヨシ、ユニフォームネット、横引シャッター

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus