自動車

新車販売、少し“駆け込み” 9月の販売台数、11カ月ぶりの2ケタ増

 9月の国内新車販売台数は前年同月比12.9%増の54万8209台と、2018年10月以来11カ月ぶりに2桁増だったことが1日、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)のまとめで分かった。新型車の効果が大きいとみられるが、ここまで目立たなかった消費税増税前の駆け込み需要も「一定程度あった」(全軽自協)と分析している。

 増税後の10月以降の見通しは、「駆け込みがなければ反動減もない」(販売関係者)との声が多い。数カ月にわたって2桁台の増加率の駆け込みが続いた前回の増税時のような大きな落ち込みはなさそうだ。

 一方で、登録車の9月の受注残(未出荷の受注台数)は前年同月比8割程度で、需要自体が落ちているとの見方もあり、先行きは不透明だ。

 9月の販売台数は、軽自動車が全体で20万503台と同月として統計開始以来2番目の好実績だったほか、登録車のうち普通乗用車は同月で過去最多となる17万7704台を記録した。

 また、2019年度上半期(4~9月)の販売台数は、前年同期比5.6%増の262万1470台だった。軽は6.2%増の96万1730台で3年連続増、登録車は5.2%増の165万9740台で2年ぶりの増。車種別でも、小型乗用車が0.7%減だった以外はすべての車種でプラスだった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus