関電会見速報

(20)処分内容の最終判断は社長自身

 --今回の問題に対する処分として、会長について報酬を2カ月間、2割返却するといいます。この算定根拠は何なのですか

 岩根社長「算定については、その都度金額を考えています」

 --豊松氏に至っては1億円を授受していて、報酬2割を2カ月返上とされている。鈴木氏もそうだが厳重注意止まり。誰がどう決めているのか

 岩根社長「最後は、社長である私の判断です。これで良かったのか、という議論はあると思います」

 --他の原発において、(森山氏と)類似の人物はいなかったのか

 岩根社長「これも、合わせて調べていきます。今の今の時点では、聞いていません」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus