メーカー

トヨタ系、利回りゼロ社債発行 国内初 25日、総額200億円

 トヨタ自動車グループで販売金融事業を手がける「トヨタファイナンス」(名古屋市)が、実質的に利回りが0%となる社債を25日に発行することが分かった。発行総額は200億円。一般企業で社債の発行時の実質利回りがゼロになるのは、国内で初めて。

 投資家は満期の3年間、社債を保有しても得られる収入はゼロだが、大規模緩和策の一環で社債を定期的に購入している日本銀行に高値で売れれば売却益を得られる。共同主幹事証券を務めるみずほ証券によると、資産運用会社や銀行などから発行額の2倍に当たる申し込みがあったという。

 日銀の金融緩和で国債の利回りはマイナス圏で推移し、投資先としての魅力は低下している。そのため、元本保証されない社債で実質的な利回りがゼロでも需要がある特異な金融環境を示しているといえそうだ。

 トヨタファイナンスの社債の利率は年0.001%。額面100円につき100円00銭3厘で発行するため、3年間の得られる利息収入分は相殺され利回りは実質的にゼロとなる。一般的に社債の利率は企業の信用力や投資家の需要動向を踏まえて決まる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus