メーカー

トヨタ労組、ベア要求額の提示見送りへ 令和2年春闘も

 トヨタ自動車労働組合(約6万9千人)は19日、令和2年春闘に向け、愛知県豊田市で定期大会を開いた。令和元年春闘に続き、ベースアップ(ベア)の要求額を示さずに、賃上げ総額で要求する方針を決定した。各職場の意見を反映し、来年初めまでに要求内容を確定させる。

 経営側は平成30年春闘で、ベアの額を示さず賃上げ総額のみを回答する異例の対応を取った。中小を含め他企業はトヨタを上限にベアを決めるケースが多く、トヨタがベアを明示すると大手と中小の格差が縮まりづらいとの考えからだ。労組も令和元年春闘の要求でベア分を提示しなかった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus