東京モーターショー

ホンダ、来年発売都市型EV「ホンダe」 後輪駆動でコンパクトさカバー

 自動車メーカー各社が最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日の開幕に先立ち、報道陣に公開された。ホンダは、来年に日本販売を開始する電気自動車(EV)「ホンダe」の量産モデルを日本初公開した。

 「都市型EV」として車体がコンパクトで航続距離は最大220キロと控えめだが、モーターの力をしっかりと伝えられるよう、スポーツカーなどに多い後輪駆動を採用。プレゼンテーションした八郷(はちごう)隆弘社長は「10年先のクルマの姿を描いた。未来のカーライフを、一足先に体感できるクルマに仕上がっている」とアピールした。

 独自の人工知能(AI)技術を用いた音声認識機能でのパーソナルアシスタントも搭載。欧州ではすでに予約が始まっており、「計画以上に好調」(八郷氏)という。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus