東京モーターショー

日産次期EVはSUV型2モーター四駆? 「アリア コンセプト」

 自動車メーカーが最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日開幕に先立って報道陣に公開された。日産自動車は、スポーツ用多目的車(SUV)型電気自動車(EV)のコンセプトカー「アリア コンセプト」を世界初公開した。

 モーター2つの四輪駆動で、ブレーキとともに各車輪を精密制御することで、基本走行性能を大幅向上させたのが最大の特徴。中畔(なかぐろ)邦雄副社長は「日産が非常に近い将来に向かう方向を示している」と語り、早期発売を目指すことを示唆した。

 世界初の量産EV「リーフ」で蓄積した経験をもとに、独自の四輪EV制御技術を開発。カーブ、ブレーキ時や悪路走行時に瞬時に制御し、安定感を大きく向上させたという。EV専用車台で、床がフラットで足元まで広い室内とした。

 高速道路で一定の条件下ならハンドルから手を離して自動走行できる独自の運転支援機能「プロパイロット2・0」のほか、スマートフォンでの遠隔自動駐車機能も搭載。出発時刻を予想してエアコンを事前設定したりもできるという。

 デザインは「粋」「傾く(かぶく)」といった日本伝統の概念を新たに導入。くぎを使わず木を組む組子(くみこ)の模様や、銅(あかがね)色をアクセントに取り入れた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus