東京モーターショー

近未来のEVのドアは上向きに レクサスが試作車を初公開

 自動車メーカーなどが最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日の開幕に先立ち、報道陣に公開された。 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は、次世代の電動化戦略を象徴する電気自動車(EV)の試作車「LF-30 エレクトリファイド」を初めて公開した。近未来を思わせるデザインと、上向きに開くドアが最大の特徴だ。

 パワートレーン(駆動系)、ハンドル、サスペンション、ブレーキなどを統合的に制御し、走行状況に応じて理想的な車両姿勢を保つという。

 レクサスインターナショナルの沢良宏プレジデントは、「レクサスは電動化技術で走りの楽しさを進化させ、未来の車の在り方を根本から変える」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus