サービス

9月の百貨店売上高23・1%増 増税前駆け込みで

 日本百貨店協会が23日発表した9月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比23・1%増となり、2カ月連続のプラスだった。10月からの消費税増税を前にした駆け込み需要が売り上げを大きく押し上げた。

 増税による値上がりが大きい高額商品を中心に売り上げが伸び、美術・宝飾・貴金属は102・9%増だった。化粧品や家具、家電の販売も好調だった。

 全店ベースの売上高は5153億円だった。仙台、東京、名古屋など全国の主要10都市の全てで売上高が大幅に増え、このうち札幌、大阪、神戸では増加率が30%を超えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus