メーカー

配水場でマイクロ水力発電、大阪・吹田市が11月から開始

 大阪府吹田市水道部は11月1日から、市内の佐井寺配水場(同市千里山東)で、水圧を利用したマイクロ水力発電を始める。年間156メガワット(一般家庭約50世帯分)の発電量をまかなう。再生可能エネルギーの普及を目指しており、今後ほかの水道施設でも導入を検討する。

 マイクロ水力発電は河川や上下水道施設などで行い、大規模なダムなどを利用した水力発電が1時間あたり1万キロワットを超えるのに対し、100キロワット以下と小規模であるのが特徴。近年、自治体の水道部署で導入が進んでおり、大阪府内では堺市が取り入れている。

 佐井寺配水場は、大阪広域水道企業団が管理する箕面市の千里浄水池から約30メートルの高低差を利用して浄水を受水しており、この高低差による水圧を利用し、発電する。民間の発電会社と協力し、発電機を設置。同社が設置費を負担するほか、土地の賃借料や売電収入などで年間50万円程度の収益が見込めるという。

 市水道部の担当者は「水力発電は費用対効果の点から導入が難しかったが、発電会社から提案があり、実現できた。水道事業は多くの電力を使用することから、今後も省エネや再生可能エネルギーの普及を促進したい」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus