メーカー

あの「ハイエース」が高級バンに? トヨタが「グランエース」 東京モーターショー

 使い勝手の良さで50年以上のロングセラー車となっている「ハイエース」の進化形といえる高級バン「グランエース」が、東京ビッグサイト(東京都江東区)などで開催中の東京モーターショーに出展されている。平成30年にトヨタ自動車からバン事業を引き継いだ同社の子会社、トヨタ車体(愛知県刈谷市)が公開した。年内に発売する予定だ。

 最大の特徴は、全長5・3メートル、全幅1・97メートルという車体の大きさを生かしたゆとりのある室内空間。2列目および3列目の席は、独立したシートになっており、スライド範囲を長くし空間を確保した。足を伸ばせるように、シート下部がせり上がるなど快適な乗り心地を追求した。

 徹底した振動・遮音対策により静粛性も高いという。3列6人乗りと4列8人乗りを用意し、多様なニーズに応える。送迎車や役員車での用途を想定しており、高級仕様でハイエースとの差別化を図る。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus